Ignitarium-logo
Ignitarium-logo

  2020.09.11

ARM AI Partner Programのパートとなりました

このパートナーシップにより、Ignitariumは、特にArmCortex-Mクラスのデバイス上のオーディオAIソリューションを対象として、Armプラットフォームでのコンパクトなニューラルネットワークの実装を加速できます。

ビデオおよびオーディオAIソリューションの専門知識を持つグローバルな製品エンジニアリング会社であるIgnitariumは本日、ArmAIパートナープログラムに参加したことを発表しました。 オフライン音声認識、ノイズ抑制、サウンドエフェクト分類などのコストに敏感なオーディオアプリケーションは、メモリと計算が制限されたマイクロコントローラーに実装する必要があります。 Ignitariumは、Arm®Cortex®-Mプロセッサファミリを対象とした高度に最適化されたニューラルネットワークの作成に重点を置いているため、このセグメントを最適な電力パフォーマンスコストポイントで効果的に処理できます。

「GPU、FPGA、その他のアクセラレータを対象としたAIソリューションの構築に数年間携わってきた私たちは、複雑なニューラルネットワークアーキテクチャについて深く理解してきました。過去1年間、私たちはこの血統を活用して専用の小さなニューラルネットワークを実装し、マイクロコントローラークラスのデバイスにビデオAIアプリケーションを実装できるようにしました。この分野での最新の製品は、独自のオーディオ前処理とニューラルネットワークパイプラインを使用したオンデバイス音声コマンド認識ソリューションであり、Cortex-M4ベースのMCUで38KBのRAMと65MHzのクロック速度しか必要としません。 Arm AIパートナープログラムの開始に伴い、Armおよびその幅広いパートナーエコシステムとのコラボレーションの機会が増えることを楽しみにしています。特に、ArmCortex-M55とArmEthosTM-U55microNPUの導入に興奮しており、将来的にこれらに関連する高度なソリューションを提供できることを楽しみにしています」と、Ignitariumの最高製品責任者であるSujeeth Josephは述べています。

英語ページ

e-Book

チェックリストの無料ダウンロード

車載用チップ設計の機能安全アーキテクチャの
チェックリスト